症例ブログ

手首が痛い、指が曲げられない・・・それは腱鞘炎の症状かもしれません。

腱鞘炎とは、腱鞘(腱のトンネルになっている部分)に炎症が起き、

主に手の親指側に痛みや腫れが生じるものを言います。

手指を繰り返し使うことによって引き起こされ、指をよく使う仕事(パソコン・ピアニスト等)をしている人や

スポーツ選手に発症することが多いですが、女性の場合ホルモンの異常で起こる事もあり、

妊娠中・産後・更年期の女性にも多くみられます。  

★ドゥゲルバン病→親指側の手関節付近に生じる、狭窄性炎症。

★ばね指(弾発指)→親指の関節に生じる指屈筋腱の炎症。  

炎症・痛みの起こる部位により上記のような分類がありますが、

原因としてはどちらも手指の使いすぎ・負担のかけすぎにあります。

無理に関節に負担をかけないように、安静にしておくのが一番、、、といっても、

日常生活で手指を使わずに過ごすことは難しいので、専用のサポーターを用いるなどして、かかる負担を減らしましょう。  

りゅうた整骨院・鍼灸院ではこのような症状に対し、関節の周辺部のマッサージや鍼灸治療を行います。    

<りゅうた整骨院公式ホームページ>

宝塚市のりゅうた整骨院

<宝塚市の交通事故治療・むち打ち治療情報サイト>

宝塚市交通事故治療・むち打ち治療.com|整形外科連携の整骨院

<おかげ様で宝塚市口コミ1位!>

WEB上の患者様の口コミはコチラ

<鍼やお灸に関する口コミ1位!>

りゅうた整骨院公式しんきゅうコンパスページ

<りゅうた整骨院のフェイスブックページはコチラ>

りゅうた整骨院公式facebookページ

<りゅうた整骨院のインスタグラムページはコチラ>

りゅうた整骨院公式Instagramページ

住所:兵庫県宝塚市中山寺1-9-13

(阪急中山駅徒歩3分)

TEL:0797-87-3105

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師・鍼灸師村上竜太が監修しています。