ぎっくり腰

ぎっくり腰

  • ・腰に激痛を感じている
  • ・物を持ったはずみにぎっくり腰になってしまった
  • ・動けないくらい腰が痛い
  • ・痛みどめを飲んでいるがなかなか改善しない

ぎっくり腰はなぜ起こる?

重い荷物を持ち上げたり、不意に腰を動かしたときに、動かせないくらい腰を痛めてしまう事があります。

ぎっくり腰は、正確には腰の捻挫や挫傷(肉離れ)が起こっている状態のことを言います。

痛めた当初は患部に触ることもできない位に炎症を起こしている事もあります。そのため、ぎっくり腰初期のころは腰を直接触ることが難しいケースもあります。

しかし、損傷している部分以外の施術を行うことで、早期回復を望むことができます。

腰に負担がかかっているということは、足や周囲の筋肉にも大きな負荷がかかっています。その場合、腰に触れなくても、周囲の筋肉や、足に負担がかかっている部分から施術を行うことで、腰の痛みも緩和してきます。

急性期を過ぎた後は、痛めた腰に対して直接アプローチしていくことが有効です。

ぎっくり腰が治らない・悪化する理由

一般的なぎっくり腰の施術は、注射、痛みどめ、湿布などの痛みを抑える治療を用いられますが、早期回復のためには、しっかりと施術を行う必要があります。

また、ぎっくり腰を放っておくと、何度もぎっくり腰になってしまうように、癖づいてしまいます。

悪い姿勢や、生活習慣によって起こりやすい状況もあるため、ぎっくり腰になりにくい習慣についてもアドバイスさせて頂いています。

ぎっくり腰の施術法は?

宝塚市のりゅうた整骨院では、ぎっくり腰の痛みを早期に緩和させ、後々ぎっくり腰が癖にならないようにする事を目的とした施術を行います。

そのため、ぎっくり腰の原因を検査し、その原因に対して施術を行います。

主なぎっくり腰の治療については、初期のころは、「深い部分の筋肉を緩める鍼灸治療と深層筋調整(MT-MPS)」を組み合わせることで、痛みが出ている部分以外も含めたアプローチをしていきます。

>ぎっくり腰の施術法写真1

その後、痛みが改善してきた後に、「背骨・骨盤矯正」を行うことで、姿勢や体全体のバランスを整えていきます。

  • 「動けないくらいぎっくり腰が痛い」
  • 「ぎっくり腰で悩んでいるけれど、どこにいっていいかよくわからない」
  • 「痛みどめや湿布だけでなかなか良くならない」
  • 「整体やマッサージに行ってもなかなか改善しない」

といった方にこそ受けて頂きたい施術です。

施術の流れ

受付 カウンセリング 検査 施術
1.受付
問診表をお渡しします
2.カウンセリング
じっくりお話を伺います
3.検査
適切な施術を行うために
お体の状態を見ます
4.施術
お一人お一人の状態や
ご希望に合わせた
施術を行います
施術方針の説明 お大事に
5.施術方針の説明
今のお身体の状態や
今後の治療方針を
説明します。
6.お大事に
ご来院ありがとうございます
次回の御予約がある方は
受付までお申し出ください。

りゅうた整骨院・鍼灸院 施術例・お知らせ

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません