鵞足炎

こんなお悩みをお持ちではありませんか?

次のような動作時に、
膝の内側が痛む、もしくは膝が腫れている

  • ・歩行や、スポーツでの走行時の急な方向転換
  • ・階段の昇降
  • ・膝の曲げ伸ばし
  • ・膝を深く曲げる(しゃがむ・正座など)

鵞足炎はなぜ起こる?

まず、鵞足(がそく)とは.…

膝の内側には、縫工筋(ほうこうきん)、薄筋(はっきん)、半腱様筋(はんけんようきん)という3つの筋肉の腱が付着しており、腱が集まった状態を後ろ側から見ると鵞鳥(がちょう)の足のような形に見えることから、この部分を『鵞足』と呼んでいます。

鵞足部分に炎症が起こり、動作時痛や圧痛を引き起こすのが『鵞足炎』です。

鵞足炎の主な原因は、“膝の使い過ぎ(オーバーユース)”です。
膝の内側は、急な方向転換や、膝を後ろに蹴りだす動作を行う時に特に負担がかかりやすくなるため、スポーツではサッカー、マラソン、バスケットボール、水泳などが発症しやすいと言われています。 スポーツをする人以外でも、鵞足炎になりやすい人の特徴として、“X脚”“身体が硬い”“姿勢が悪い”などが挙げられます。

鵞足炎が治らない・悪化する理由

一般的に鵞足炎と診断されると、アイシング、テーピング、サポーター、湿布などの痛みを抑える処置が施されますが、それは一時的に痛みを抑えているだけであって、原因部分はされていません。 また、直接痛みを感じる鵞足部分のみに施術をしても、根本的なにはなりません

鵞足に関連している3つの筋肉は、全て太ももの筋肉です。
太ももに負担がかかり、疲労がたまると、筋肉は硬くなります。その硬くなった筋肉が鵞足部分を引っ張り、それによって鵞足部分がダメージを受けて炎症を引き起こすとも考えられます。

鵞足炎は、軽症の場合であれば、膝を使う運動を控えて安静を保っておけば炎症は数週間で治まります。
しかし、痛みを引き起こす原因となっている“筋肉の硬さ”や“姿勢の悪さ”をしなければ、再発しやすくなります。

りゅうた整骨院・鍼灸院での施術法は?

宝塚市のりゅうた整骨院では、
『MT-MPS(深層筋調整マッサージ)』『トリガーポイント鍼灸』によって、鵞足部分だけでなく、太ももやふくらはぎの筋肉に対しての施術を行い、『猫背・骨盤矯正』によって姿勢の悪さ、体の歪みを整える事により、痛みの再発しにくい身体づくりを行っていきます。

鵞足炎の施術の様子1 鵞足炎の施術の様子2

施術の流れ

受付 カウンセリング 検査 施術
1.受付
問診表をお渡しします
2.カウンセリング
じっくりお話を伺います
3.検査
適切な施術を行うために
お体の状態を見ます
4.施術
お一人お一人の状態や
ご希望に合わせた
施術を行います
施術方針の説明 お大事に
5.施術方針の説明
今のお身体の状態や
今後の施術方針を
説明します。
6.お大事に
ご来院ありがとうございます
次回の御予約がある方は
受付までお申し出ください。

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

  • 求人情報
りゅうた整骨院・鍼灸院の口コミ・感想をもっと見る